イラストアイコン

吹上露天の湯

( 分類:露天風呂 )


◇ 訪問日 ◇
2019年09月09日
◇ 住 所 ◇
北海道空知郡上富良野町吹上温泉
旭川市街から国道237号線を経由して道道966号線を通り、およそ52.4km。
◇ 駐車場 ◇
有り 約16台(無料)※大型も可能
(吹上憩いの広場駐車場)
◇ 備 考 ◇
[入浴料金]無料
[入浴時間]24時間
[利用心得](※一部抜粋)
・空き缶、ゴミ等は全て持ち帰りの事。
・石鹸、シャンプー等の使用は使用不可。
・温泉は混浴です。また、脱衣所はありません。

吹上露天の湯1

白金温泉から道道966号線を十勝岳に向かって峠道を進んで行くと、およそ8km進んだ右側に吹上温泉の看板と共に吹上露天の湯の駐車場が現れる。
※冬季(10月下旬頃から4月下旬頃)は、白金温泉からのルートが閉鎖されてしまうので、上富良野町から道道291号線を通って来る事でたどり着けます。

吹上露天の湯2 吹上露天の湯3

この日は朝7時前に到着したのだが、既に5台ほどの車が停まっていた。聞いた話だと中にはここで車中泊をして温泉に入っている人がいるという事だが、この駐車場は車中泊を禁止しているのでマナーは守りましょう。
駐車場に入って左側の奥に露天風呂へと続く遊歩道入口がある。

吹上露天の湯4

遊歩道は砂利が敷かれて整備されており、勾配も緩いのでサンダルで歩いても問題なさそうだ。

吹上露天の湯5

入口から100mほど歩くと、橋が現れる。その橋からは、少し茂みで隠れているが岩陰に露天風呂があるのが分かる。

吹上露天の湯6

橋を渡ると小さい広場があり、その奥に階段が見える。

吹上露天の湯7

階段の上から下を覗き込むと、すぐ下に湯船が見える。下に見えるのが、およそ10人ぐらいが入れそうな大きい方の湯船だ。上から丸見えです!
階段を下りて右手側には、大きい湯船から1段高くなった所にもう一つ小さい湯船がある。(※小さい湯船には、おじさんが入っているので写真は控えました)

吹上露天の湯8

階段を下りて行き大きい方の湯船へ。ここには脱衣所が無いとは聞いていたが、屋根も全く無いので雨が降っている時等は、脱いだ衣服が濡れないように何か対策が必要である。女性は、予め下に水着を着て来る等した方が良いだろう。

吹上露天の湯9

下から露天風呂を見ると、こんな景色。目の前の露天が大きい湯船で、階段を上がって奥側に、一段高くなった位置に小さな湯船がある。
ちなみに小さい湯船の方は激熱で私は1分と入っていられませんでした。大きい湯船もけっこう熱く感じましたが、気持ちよく入れました。

階段上の広場に立っている露天風呂の歴史と、温泉分析書。文字が小さいので読みずらいが内容を抜粋すると
泉質:酸性-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・酸化物泉(酸性低張性高温泉)
知覚:無色透明、酸味、無臭。pH値:2.6


ページのトップへ