イラストアイコン

奥津軽いまべつ駅

( 分類:駅 )


◇ 訪問日 ◇
2019年05月01日
◇ 住 所 ◇
青森県東津軽郡今別町大字大川平清川
青森IC(東北道)から国道7号線経由、国道280号線で外ヶ浜(龍飛)方面へ、県道12号線とのT字路を左折して中泊(龍飛)方面へと進み、津軽線「大平」駅を過ぎた先の県道14号線で今別方面へ行くと到着(計約50km)
◇ 駐車場 ◇
有り(無料) 屋内48台、屋外34台
◇ 備 考 ◇
2016年3月26日に開業した北海道新幹線の停車駅の1つ。
一日に停車する本数は、上下線それぞれ7本だけという少なさ。
この駅を基点として行ける観光名所はいくつもあるのだが、交通の便から考えると新青森駅から車というパターンの方が多いのかもしれない。ちなみに駅がある今別町の人口は約2700人らしい。

いまべつ駅1

奥津軽いまべつ駅の駅前広場から撮影。
在来線を大きくまたいで新幹線のホームが反対側にあるという作り。正面のビルのような建物は、エレベーターが2基とそのエレベーターの外側を回る螺旋状の階段があるのみである。

いまべつ駅2

駅前ロータリーにはタクシー乗り場や、路線バス乗り場が設けられているが、止まっている車は一台もない。推測だがもしかしたらタクシー等は呼ばないと来ないのかもしれない?

いまべつ駅3

正面入口の横には黒い石碑が飾られている。
石碑に書かれているのは、今別町に伝わる「荒馬」という祭りを描いたものだった。そして「日本一小さい新幹線のまち」としてアピールしている。

いまべつ駅4

建物の中に入りあえて階段で上がってみる。広い階段をひたすら上がっていき、階にして5階分はあるだろうか、上がりきると今度は長い渡り廊下になっている。なかなか眺めの良い渡り廊下だ。

いまべつ駅5

渡り廊下の窓から外を眺めるとこんな感じだ。こちらは新青森方面の景色。右側が在来線の線路で、その隣は工事車両等が止まっているが退避線かな。

いまべつ駅6

反対側の窓からも外の景色を眺めてみるとこんな感じだ。
見えるのは、この駅で唯一のお店、道の駅の建物となる半島プラザ「アスクル」とその横に在来線の津軽線「津軽二股」駅(無人駅)だ。

いまべつ駅7

渡り廊下を歩き改札口の方に行ってみる。
この辺りはごく普通にあるJRの改札口だ。みどりの窓口では、2種類のご当地入場券を販売していた(1枚170円)。

みどりの窓口入口の横にこの駅の案内図があった。
案内図によると道の駅にレンタカーのマークがあるので、どうやらそこでレンタカーが借りられるようである。ちなみに屋内駐車場の方は夜間は閉まっているようなので時間に注意。


ページのトップへ