イラストアイコン

江竜田の滝遊歩道

( 分類:景勝地・滝 )


◇ 訪問日 ◇
2019年10月21日
◇ 住 所 ◇
福島県東白川郡鮫川村大字渡瀬字前ノ沢210
いわき勿来IC(常磐道)から国道289号線を通り、左側に「←江竜田の滝」という小さな標識が立っているのでそこを左折(信号無し)。総距離およそ37.3km。
◇ 駐車場 ◇
有り 乗用車 約30台(無料)
◇ 備 考 ◇
ふくしまの遊歩道50選の1つ。
江竜田の滝は、渡瀬川に形成される大小5つの滝
(青葉の滝、虹ヶ滝、そうめん滝、二見ヶ滝、龍神ヶ滝)の総称になる。

江竜田の滝1

国道289号線の信号の無い交差点に、小さい案内標識が立っている。
その標識を頼りに交差点を曲がって行くと、やがて農村公園が現れて、その脇を通り過ぎて行くと駐車場にたどり着く。

江竜田の滝遊歩道の案内図。
これによると、道の先にも駐車場が設けられているようだが、そちらはお年寄りや身体の不自由な方の為に設けられた場所なので、それ以外の方の乗り入れは止めましょう。

江竜田の滝2

案内図の看板が立つ脇の道を歩いて行きます。
ここから先は自然保護区となりますので、車の乗り入れは遠慮しましょう。

江竜田の滝4

しばらくは砂利が敷かれた林道が続きます。
180mほど歩くと分かれ道が現れる。直進して行くと二見ヶ滝等の4つの滝が流れる場所へ。右へ下って行く道は、川を渡って龍神の滝の方へ行く道となる。
まずは分かれ道を直進して行く事にする。

江竜田の滝5

分かれ道から150mほどで1つ目の滝「二見ヶ滝」が見えて来た。
この辺りの広場は台風19号の影響でかなり荒れたようで、石がゴロゴロ転がっていたり川岸が削り取られていたりしていました。

江竜田の滝6

広場から最初に眺められる「二見ヶ滝」
昨晩に雨が少し降っていたからか、川の水量が多く水が少し濁っている。
川の上流にもう1つ「そうめんの滝」と呼ばれる滝も見える。

江竜田の滝7

川の左側から、更に上流に向かって歩いて行ける小さな山道が続いている。
この山道を歩いて行くと、案内図に載っていた他の3つの滝付近へと、行く事が出来る。

江竜田の滝8

山道は二見ヶ滝のすぐ横を通って行く道。
真横から眺めた二見ヶ滝を流れる水の勢いは、遠目に見ていたよりも激しく迫力を感じました。

江竜田の滝9

歩いて来た山道を、見下ろして見るとこんな景色。
雨上がりの後等は足元が滑り易くなるので、歩き易い運動靴等がお勧めです。

江竜田の滝10

山道を歩いて行き次に眺められるのが、下の広場からも見えた「そうめんの滝」
渡瀬川に流れ込んでくる支流が形成する滝で、江竜田の滝の中で一番写真映えする滝である。

江竜田の滝11

そうめんの滝からすぐ上流の所に東屋が建てられていて、その横で怒号を立てて流れて行く滝が3つ目の「虹ヶ滝」
おそらく陽射しが差し込むと、ここに綺麗な虹が架かって見えるのでしょう。

江竜田の滝13

東屋を左側から回って更に上流へ歩いて行くと、4つ目の滝「青葉の滝」が眺められる。
山道もここで終わっているので、これ以上先へ行く事は出来ない。

江竜田の滝14

最後に、5つ目の滝「龍神の滝」を見ようと来た道を戻り、分かれ道を今度は川の方へと下って行く。

江竜田の滝15

台風19号の影響で、上流から流れて来たと思われる大木や何かの残骸が、川に転がっているのが見える。
しかし見えて来るはずの橋が一向に現れないので、まさか!と思っていると。

江竜田の滝16

予感が的中してしまいました。
橋が見事に流されていて、目の前に転がる何かの残骸は、橋の残骸でした・・・
残念ながら、今回は橋の向こう側に渡る事が出来なかったので、次に訪れる機会があれば、橋の向こう側の散策路を歩いて見たいと思います。


ページのトップへ