イラストアイコン

根室車石と花咲灯台

( 分類:天然記念物・灯台 )


◇ 訪問日 ◇
2019年09月13日
◇ 住 所 ◇
北海道根室市花咲港
釧路市街から国道44号線を通り、根室市街に入った所で道道780号線と道道310号線を経由して行き、総距離およそ125km。
◇ 駐車場 ◇
有り 乗用車36台(無料)
◇ 備 考 ◇
花咲灯台は、日本の灯台50選の1つ。
車石は、国指定天然記念物になっている。
放射状に形成された柱状節理は、世界でも類を見ない貴重な奇岩。
大きい物では直径7.5mもあり、花咲岬に広く点在している。

根室車石1

日本の灯台50選に選ばれた花咲灯台が建っている、花咲岬の駐車場。
ここにはもう1つ、世界でも類を見ないと言われている、貴重な天然記念物が見られる場所でもありました。

根室車石2

駐車場から灯台の建つ岬へと続く遊歩道は、綺麗に整備されています。
その先には赤と白のコンストラクトの灯台が駐車場からも見えていました。

根室車石3

遊歩道を歩き花咲灯台までやって来た。
灯台周辺は整備されていない様で、雑草が生い茂っていて荒れ放題の状態です。
一応今も稼働している灯台ですよね?

根室車石4

反対側から撮った花咲灯台。
こちら側から眺めた感じだと、日本の灯台50選の1つと言える景観でした。
まさに「灯台下暗し」ってやつでしょうか。

根室車石5

灯台から遊歩道を更に下っていった場所に、小さな小屋が建っています。
あの小屋は何だろうと?近づいて見ると・・・

根室車石6

小屋には花崎港車石野鳥観察舎と書かれています。
どうやら野鳥を観察するために建てられた専用の小屋の様です。
資料によると周辺では、アマツバメやケイマフリ、カモメといった様々な野鳥を観察出来、時々ラッコを見かける事もある様です。

根室車石7

小屋の横に立てられている園地の案内図。
園内はそれほど広くは無いが展望所が4ヶ所設けられていて、それぞれの景色を楽しむ事が出来ます。

根室車石8

案内図の右側に続く遊歩道、その先には木道の階段も見えている。
その先に見える海は花咲港です。

根室車石9

観察小屋の裏側辺りには木道と展望デッキが設けられています。
ラッコが出没していたら、この展望デッキから眺める事が出来るかもしれませんね。

根室車石11

展望デッキから眺めた海岸は独特の形状を成しています。
柱状節理の岩が連なっていたり、それが小さな放射を描いていたりと様々な形状を見せています。

根室車石12

他には、岩場に設けられている展望所があります。
そこに続く遊歩道も平らに整備されていて、歩き易くなっていますね。

根室車石13

階段を下りて行き岩場の展望所から見上げて見ると、そこには大きな車石がありました。これが世界でも珍しい貴重な天然記念物の車石です。
上の遊歩道から眺めている時は全く気が付きませんでしたので、下に降りて来る事で見る事が出来る奇観だったようです。

根室車石に関して説明が書かれている看板が立っていました。
(※この看板は階段の上に立っています)
車石が誕生するまでの過程を詳細に綴っています。

根室車石15

上の遊歩道に戻り、もう1つ別の展望所にも来てみました。
ここの展望所には、ノンビリと海を眺めていられるようにとベンチが設置されています。

根室車石16

ベンチに座って海を眺めると、こんな景色が眺められます。
たまには海岸に打ち寄せる波の音を聞きながら、ノンビリ過ごすのも悪くないかも知れませんね。


ページのトップへ